豪雨


雨、豪雨・・・・・
今ようやくにして小康状態。嵐でした。
ふぅ・・・・
おとなりの白渚海岸の川もこの勢い!
写真は
Splashの吉田君のを無断拝借です。
手前にいるの狸?
あ、愛犬?!
雨の中の散歩、ご苦労様です。
川に落ちて流されないようにしてください。
この水流だと地形に変動ありますね!
良い方向に川ります(変わります、です)!
いいね!
白渚海岸

白渚海岸は波が安定していることが強みのビーチブレイクです。
それは40年前からおんなじです。
うちの前の不安定具合に比べると
はるかに安定しています。
40年以上比較してきたから間違いないです。
今年はそこにちょいと異変が生じて、
これまでのデータとは逆の感じになってたわけです。
ここにバンクがあって、むこうにナシみたいな具合・・・・
日本のビーチブレイクのクオリティを比べても、
メクソハナクソの違いを比べるようなものになっちゃいます・・・・・・
いつもソコソコの波がある場所には
やっぱり波はあったほうが良いのだ!
というお話です。
ここ数年、
白渚をホームにしている方々に蘊蓄を述べると
まずはそこに流れ出ている三原川が土砂の供給に重要なのです。
その上流に
水源確保、災害防止のためダムができたのが30数年前のこと・・・・
土砂の供給も一気に減りました。
波を作る土台が減少したということです。
後は
白渚から鴨川方面へ向かうと
和田港に長い堤防がありますね?
あれができたのも30数年前・・・・・・
砂は静かな場所に滞積する特徴を持ちます。
通称、新堤といわれる長い堤防のふもとに砂の滞積がはじまり、
そこの磯は砂で埋まってしまいました。
サザエ、アワビも取れて
シーバス釣りもできた磯が埋まってしまったのです。
大原、白渚、そのあたりの海岸の砂が
そこへと堆積して長い月日が経っているということです。
こういう史実からもわかるように
サーフィンのできる環境は
以前に比べ失われつつあるということです。
大事にしなければいけませんね。
自然からの恵みを大事にしなければなりません。
この雨で白渚にはバンクが出来上がり
また良い波が割れることでしょう!
みんなでシェアしあって良いサーフィンを続けてください。
「お~し!これでここが空くぜ~~~~!」
なんて姑息な考えの私は愚かな人間だということです。
しっかし、
雨凄いです。
電車もストップ、アクアラインも速度規制・・・・
今日は東京なんだけど・・・

不思議だよね!
JUNがこの波をスコアしたのが
5年前のちょうど今日だったんだね・・・・・・
本気出したら断然こっちだろ!?な!!!

5年前のおまけです。