N.S.D.19


朝6時半、夜明けまでもうすこしです。帰国日が迫ってきました。代わりに今日、順がやって来ます。これから先の波予想はこんな感じです。


20ft.overです!「頑張れジュン‼️」まるで他人事のような応援です。ここを避けているようでは、プロ選手として情け無いです。昨夜、聡君と話したのですが、「ラッキーなタイミングでステイできましたね!風もよかったし、サイズもMAX8ft.サンセットが10ftまでいくと、また世界が変わりますから。めげずにまた来て下さい。ゴルフもたまにやりましょう!」「先輩、8ftでもめちゃくちゃきついです。もうね、朝が来るのが辛かったですから!」
常々思っていたのですが、サーフィンの魅力は諸刃の剣、最高に楽しい反面、めちゃくちゃに厳しいところに追い込まれたりもします。環境だったり精神的なことだったり。だからkeep surfingという行為は尊いのだと信じて来たのです。このあたりの考え方は千差万別いろいろあろうと思います。私は重たい思考を好みます。その重さで言えば、今回のノースショア、かつてないほど、重たいものとなりました。この重荷を背負って生きることもまたサーフィンの魅力でもあります。夜明けの空です。行きます。また書きます。