さいたま新都心駅


昨日は埼玉県まで・・・・・・
昭和56年、
自分は当時の日本国有鉄道に入社。
大宮にあった関東鉄道学園で半年間教習を受け、
その同期会が開催されたというわけ。
さいたま新都心駅、
そんな駅があったんだね・・・・・
京浜東北線に乗ったのも10年ぶり、
帰宅のラッシュアワーが始まろうとしていた。
37年ぶりの再会・・・・・
自分は2年半という半端なキャリアでリタイアしてしまったけど
みんな勤続して無事定年退職を迎えた。
退職後、
てんでんばらばらになってしまう前に会っておこうぜ!
そんな感じの同期会。
昭和56年、
だからイソロク会!あはは・・・・・・
明日の波はどうかなぁ?
はなくそほじりながら海を眺めて暮らしても37年、
しっかりと社会貢献しながら勤続した人たちにも
同じ37年という月日が流れたのだな、、、
そう考えると
なんだか不思議な気分だった。
同期生で出世したやつは東京駅長にまで上り詰め、
池袋駅長もいた。
みんな立派な大人になっていた。
流石です。
「岡田はまだ波に乗ってるの?
そういう人生もいいよなぁ・・・・・・」
褒められてるのか
馬鹿にされてるのか
不思議なところではあるけれど
「ま、いいか!?」
そんな気分で帰路についた・・・・・・
「わが人生に悔いはなし!」
そう思い込めるように生きようと、
ちょっとそんなことも思ってみた。
さて、
今日の波はどうだろう???????

駅のコンコース、
デッカいバレルに入った気分だったぜ!