before the deluge


03-11
そして東京公演2日目の03-12にも
この曲がコンサートの締めくくりに歌われた。
「No Nukes。フクシマ、そしてそれ以外の日本全体の問題でもあると思う。
アメリカでもどんどん原発をクローズしている状況だけど、日本と同じような問題が生じている。
アメリカでは政府と電力会社の癒着のいろいろな証拠が出てきて、裁判になって秘密が暴かれようとしている。
政府は原発が危ないという、本当の真実を隠している。
それがもうすぐ明らかになるかもしれない。
とにかくNO NUKESなんだ。
僕の願いはEarth to be safe。地球が安全な場所、安心できる場所になってほしいということだ。そう願っている。
日本でも、アメリカでも、それ以外の国でも、そこで戦っている人たちに捧げます」

BEFORE THE DELUGE
Some of them were dreamers
And some of them were fools
Who were making plans and thinking of the future
With the energy of the innocent
They were gathering the tools
They would need to make their journey back to nature
While the sand slipped through the opening
And their hands reached for the golden ring
With their hearts they turned to each other’s heart for refuge
In the troubled years that came before the deluge

Some of them knew pleasure
And some of them knew pain
And for some of them it was only the moment that mattered
And on the brave and crazy wings of youth
They went flying around in the rain
And their feathers, once so fine, grew torn and tattered
And in the end they traded their tired wings
For the resignation that living brings
And exchanged love’s bright and fragile glow
For the glitter and the rouge
And in a moment they were swept before the deluge

Now let the music keep our spirits high
And let the buildings keep our children dry
Let creation reveal its secrets by and by
By and by–
When the light that’s lost within us reaches the sky

Some of them were angry
At the way the earth was abused
By the men who learned how to forge her beauty into power
And they struggled to protect her from them
Only to be confused
By the magnitude of the fury in the final hour
And when the sand was gone and the time arrived
In the naked dawn only a few survived
And in attempts to understand a thing so simple and so huge
Believed that they were meant to live after the deluge

Now let the music keep our spirits high
And let the buildings keep our children dry
Let creation reveal its secrets by and by
By and by–
When the light that’s lost within us reaches the sky

夢を追い求める人々
無邪気な人々
未来のことばかり考えて
計画を練っているのだ
無垢のエネルギーを含め
彼らは道具を集めていた
自然に戻る旅を始めるために
彼らには必要だったんだろう
隙間から砂がこぼれ落ちる間に
金の指輪を求めて彼らの手が伸びる
心とともに
彼らはお互いの意志を隠れ家を作るために向ける
大洪水が到来する前の
この苦難の歳月に

喜びを知っている人々
苦痛を知っている人々
現在のこの瞬間だけを刹那的に生きる人々
血気に任せて勇敢で狂気じみた翼に乗り
彼らは雨の中を飛び立った
かつて美しかった羽は引き裂かれずたずたに
結局くたびれた翼は
平穏な人生への服従のために取引され
愛の輝きとほのかなぬくもりに交換されてしまった
きらめきとルージュのために
大洪水を前にしてたちまち人心は押し流された

さぁ、音楽で我々の気持ちをハイ(高揚)にしよう
建物の中で子供たちを濡らさないように守ろう
天地創造の秘密を明らかにして行こう、少しずつ、少しずつ
我々の心の中で失われた光が空に届くその時に

権力で美しさを偽造できることを学んだ者たちによって
地球が残酷な扱いを受けていることに怒りを覚えた人々
彼らがこの地球を守ろうと奮闘しても
混乱を招くだけ
最後に審判が下されるときの地球の猛烈なマグニチュードにより
砂がさらわれ覚悟の時が到来し
丸裸にされた夜明けの中では僅かな人々しか生き残っていない
彼らがこんなに単純で壮大な出来事だったのだと理解しようと思案する中で
彼らは生き続けなければならないことを悟るだろう
この大洪水の後で

Now let the music keep our spirits high
この一節は30年前のあの時となんら変わりなく胸に突き刺さる・・・・・

今夜、東京最終公演。
どうでもいいけど、
東急デパートの地下駐車場に車置くのが
オーチャードホールに行くには便利。
けれど、
駐車場は10時半に閉まっちゃうから気をつけて!
コンサートは午後10時までびっしりやるから、
余韻に浸ったりしていると、
道玄坂で宿無し浮浪者として一夜を過ごさなきゃならんよ・・・・・・
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ふぅ・・・・