it’s a beautiful day


タイトルは、
1960年代から70年代にかけて
サンフランシスコ中心に活動していた
バンドの名前。
昨日も暑かったけれど
美しい日でした。
ケンボー誘って、
スタイルマスター気取りの聖地、
内湾のビーチブレイク行くべ!
面白い奴いっぱいいるど!
ってことで、
ケンボーはツインフィッシュ持って、
おれはシングルフィン持って、
その場に馴染めるカッコで出発!
ところが、
道すがら、
お騒がせ野郎のシュンがやらかした!
の電話あり。
今回は善行!
サーフィンしていたら、
女の子が溺れつつ流されてきて
救助活動に協力したのだという。
そこに波あるの?
いい波来てますよ!
まじか?
じゃ、向かうわ!
現場、
パトカー、
救急車、
レスキュー隊、
いろいろあって騒然としてた。
確かに、
波あるね!
現場が落ち着くのを待って、
チャポーン。
内湾のスタイルマスター諸君に
会えなかったのは残念だけど
あはは、どーでもいいわ!
思わぬ展開で、
思わぬ波にありつけた、
真夏の美しい日でした。
空の青さ
山の緑
海の青
シングルフィンの影
全て美しい日でした。
シュンは表彰されて
ローカル新聞を賑わすはず。
善行も美しい行為です!