明日から夏休み


夏休み、とはいうものの半分は仕事。
カメラマン、デザイナーを引き連れて宮崎へ・・・・
思えば30年、
どこまでが仕事で、どこまでが遊びなのか?
さっぱり区別の付かない人生を歩んできたのでした。
プロサーファーという人種も同じ部類かも知れないです。
昨日はその人種の一人、
タハラヒロエプロの訪問を受けました。
過日行われたJPSAのコンテストについていろいろ話しました。
波が極小で良くなかったこと、
運営サイドももうちょい工夫を凝らした場所、時間の選択を考えたほうが良かったんじゃないか?
選手と運営サイドで一悶着あったこと・・・・
いろいろあるらしいです。
いろいろ意見を交えたらしいです。
そう考えると、
彼らのしていることは立派な仕事といえるかもしれません。
ただし、
運営側、選手、
ともに炎天下の砂浜で議論しても、
お互い熱くなってろくな議論はできないと思います。
罵り合って終わってしまうと思います。
しっかり冷房の効いた部屋でひざを交えて
時間をかけて討論することが肝要ではないか?
お互いにそれを大事な仕事と認識しているのであれば、
当然そうするべきではないか?
そんなことを伝えました。
国内ツアーもPCを通じて世界中へ配信されています。
それがやっつけ仕事であるかどうか?
大概の人には解ってしまいます。
あ、生意気を書きました。
全てのサーファーがワクワクするような内容のツアーを配信してほしいと願います。
ワンターンして砂浜に乗り上げちゃうような職場で働く父ちゃんの姿、
その子供が見て
「おやじ、頑張ってるな!しっかり働いてるな!」
そう思うかどうか?
サーフィンを仕事にするってのは至極曖昧で難しいことです・・・・・・

cwmsjp_24

待ってろ波、そしてシイバジュン!