01/15


ポカポカ陽気。
良い天気。
変わらず肩から左肘、
激しい痛みと痺れ。
なんもやる気せず、
てかできまへん。
とほほ。

千倉グラスフィッシュの大場君が
懐かしい友人連れて来店。
飯田裕子さん。
知らないでしょう?

彼女は
日本のサーフシーンが一番熱く煮えたぎり
沸騰点に達しようとしていた時代、
カメラウーマンとして活躍された方。
タカオ、シュージ、サトシが
プロデビューする少し前、
雑誌サーフィンクラシックの創刊号が
発刊された頃、
サーフシーンを切り撮っていた方。
後輩に鴨治淳子がいて
少し先輩に木本直哉がいた時代。
、、、
それから彼女はサーフシーンを離れ、
JALの機内誌で旅特集や、
ナシオナルジオグラフィック誌に
活躍の場を広げて現在に至る。
中でも
ナシオナルジオグラフィック誌掲載の
和田浦の捕鯨物語は秀逸な作品だった。
しっかり持っているおれも
少したいしたものかも知れんけど。
あはは🤣
なんせ40年ぶりの再会劇、
またゆっくり会いましょう。
身体直しておくので
ビールで乾杯しましょう。
あ、
かれこれ10日間飲んでないす。
痛くてそれどころじゃないからね。
じゃ、また!