サンダイ


OZ訛りで日曜日。潮多くサイズも小ぶり、引いてきてどこまでか?早朝の砂浜、ヒラメが3枚、アングラーの数の割には少なめ。シモケン、カイトはノーバイトだったらしい。明日から時化模様、オンショアみたいだし行ってみるかな?波乗りは、サーファーの数と波の数が比例しない日曜日だからお休み。50年近く前の朝日が綺麗で砂浜も広く、空いた海を知った身として、昨今の混雑はどうにもならんのです。サーフィン始めて1〜2年の人はこの混雑が当たり前。波はシェアするものではなく奪い合うものが常識なんだろうけど。たまに年配で、十分経験値ありそうな人でも、とにかくガツガツ丸出しな方もいらっしゃるのがちと悲しくもありますけど。ま、時の移ろいとともにいろいろありますわな。一言でいうと、終わってます!その終わりに拍車がかかっている昨今です。私はサーフィンを生業としているので、正当なローカリズムを行使できないことをよく心得ております。ローカリズムを行使できるのはサーフィンを純粋な楽しみとしているローカルサーファーだけなのです。サーフィンで生計を立てなおかつローカリズムを行使するってのはおかしなことだと私は理解しております。そこにはピュアなローカリズムは無いのです。海で危ないことをされたら注意します。あまりに至近距離に寄るサーファーには離れてくれるよう促すことがあります。それは交通整理のようなものでローカリズムとは異質なものです。例えばこの海で純粋なローカリズムを行使できるのは、トモ、シュン、ケージでありシモケン、ケンタローあたり。かれらは「おれの遊び場に来るんじゃねーよ。邪魔なんだよ。」そう言える権利を持っています。私はビジネスと引き換えにその権利を放棄、有してはおりません。なんてことを考えたりしている日曜日の朝です。楽しい日曜日をお過ごしください。終わってるなりに楽しくやりましょう。それが人間の知性というものです。