春の便り・・・・・


海部のターボーが華燭の宴をあげるらしく、
その招待状が届いた。
ターボーが中学生の頃からの付き合いだから
相当に長い月日がたった。
親が熱心に息子(娘)をサポートする、
そういう親子像、
今じゃ珍しくも無い、
みんな当たり前にやっていることだけれど、
この親子はそのハシリだったんじゃなかろうか?
毎日、下校時間になるとオヤジが校門まで息子をpick upに向かい
そのまんま海まで一直線!みたいな・・・・・
「息子をね、優秀なサーファーに育てたかったら、
親が一緒に海に入ってちゃいけませんよ。
しっかり砂浜から見てビデオ撮って、
毎日毎日を記録して、
そこから課題を見つけなあきません!
結構、しんどいことですわ!」
当時、お父さんはそんなこと言ってたと思う。
「うわ~、おれには絶対ムリだな・・・・」
確信したのを覚えている。
それ以降、
生見あたりにはそういう親子がばんばん増えて、
若く優秀なサーファーを輩出して現在のサーフシーンが形成されている。
ターボーは元来コンペ向きなサーファーじゃなくて、
どちらかというと、
エピックディにピークからガッツリ乗り込む、
そういうタイプだった。
なのでプロサーファーにはならず、
その時々で、
目の覚めるようなショットを残す、
そんなフリーサーファー。
キャリアの中でも珠玉の1枚は、
あのパイプラインでスコットアイクナーによってシュートされたものだった。
たぶん、
私の記憶が正しければ、
その1枚こそ、
ターボーのキャリアの中でもっとも光り輝く1枚だろうと思う。
1枚というか水中からのシークエンスだったな・・・
ま、
古い話なのでどうでもよいことだけれど。
結婚、おめでとう!
春らしい便りをありがとうございます。
sweet homeをベースに
これからも楽しいアイランドライフを満喫されることを祈ります!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

nakanotadasuke-780x459
[email protected] river by Naoya kimoto

おまけ
こちらはターボーの実弟、マサト。
マサトもまもなく息子か娘の誕生を控えている。
それぞれ、みんな大人になっていくんだね・・・・・・・・
rider_masato
masato [email protected] the river by naoya kimoto