up north then down south!


いきなり南西風が吹き出すものだから、
home breakは一瞬にしてジャンクなコンディションに・・・・・
ちょいと北上してここをcheck!
017
023

ちょうど川井さんがあがってきたところ、
「朝のうちは来てたけどね~
風が強くなってウネリが沖合いで抑えられちゃってんじゃない?
あんまり来なくなちゃったよ。
これから鴨川戻ってやるわ!」
相棒のtakumi yasuiを引き連れてback to kamogawa。
川井さん、
昨日は鴨川で朝やって午後はマリブ、
今朝はここでやって、これから鴨川で1R。
二日で4R消化しちゃうんだからね・・・
しかも気温も水温もまだまだ低め、
このコンディションで4Rは凄いです。
何よりも50年間、
波が最優先のサーフィンライフをまい進してきたことが素晴らしすぎます。
まずは波ありき!
そういう生活を欠かすことなく50年続けてきたという事実。
だからね、
猫も杓子もlegend legendって、
あんまりその言葉を安売りしないほうがいい。
川井さんこそLiving legendの名にふさわしい。

で、私はup northから今度はdown southへ・・・・
英語で書けば格好つくけれど、
右往左往、七転八倒、そんな感じでした。
南西の風に強めの北東からのswellがあれば、
ここでこの感じの波はほぼギャランティ・・・・
027
高速のレフトハンダー。
最近、結構ハマッテイマス!
ササル、スープに捕まる、その繰り返し・・・・
抜けられたのはたったの2本のみ。
でもなんだか良い感じ。
写真で沖合い見てもらえば解るけど、
ザラザラに波立っています。
南西15mくらい吹いていましたから・・・・・・
それでもしっかりホールドする波もあるから、
こういうコンディションのここは侮れないです。
と、
そんなわけで行ったり来たりしながら火曜日が終了。
早く暖かくなると良いですね。
波あるのに4~5人しかやってないし・・・
そんな現状を踏まえても、
川井校長先生のサーフィンにかける思いは強く鮮烈です。
そういうことに感動するもしないもあなた次第ではあるのだけれど・・・・・