その後、、、


オリンピックサーフィン、日本勢の活躍をTV、新聞、SNS等であまりに取り上げるものだから、サーフィンの進化は大衆の知るところとなり、近所のおっちゃんからも「サーフィンはすげ〜なぁ?お前もあんなに高く飛んだり、クルクル回ったりするのか?」なんで質問される始末。オリンピックアスリートが、サーフィンを大衆に普及してくれたのはありがたいけど、その手の質問は、それはそれで面倒くさい🤣。ライブ観た後、波も良くなりだしたので、ちょいとやってみたのだけど、世の中に伝わるサーフィンと、自分のやっているそれとのあまりの違いにしらけてすぐ終了した、あはは。

自分達の世代は良い時代に生まれて良い経験をしている。ロングボードからのショートボードレボリューション、シングルフィンからツインフィン、そしてスラスターへの変換もライブで体験できた。マニューバーの進化、ビッグエアーの時代、そしていよいよオリンピックサーフィンに。多分この流れは更に加速していくのだろうね。

1980年代、GLが説いた「日本には柔道、剣道、茶道、それぞれの道を追求してその精神世界を極める文化がある。きっとそれはサーフィンにもあるもので、これから先、日本人サーファーが率先してその道を追求して、また説いていくのが使命だろう」そんな説法とは大きく離れたところにサーフィンは進んでいるようだ。オリンピックサーフィンの興奮冷めやらぬ中、こんなこと書いたって意味ないし不粋だけど。単純に、カノア、アムロちゃんおめでとう‼️で良いのだけど。50年もサーフィンやってきてそんだけか?って思われるのも癪だしな。

オリンピックサーフィン、結果はみなさんご存知の通り。私的には、ミシェルボーレスカッコ良かったです。母国フランスのためにリップとカーブ、バレルを見つけ出して戦う感じ、最高でした。はなから日本のコンディションじゃね、不利な感じは否めなかったけど、大健闘だったな!サーフィン大国オーストラリアの威信にかけてメダル死守したオーエンライトも良かったし、一回戦のヒートに向かう波打ち極で、落ちているペットボトル、つまりゴミを何気なく拾い上げたステフの素晴らしい所作。あ、長くなりました。ちと熱っぽいのは、2回目のワクチン摂取のせいとしておきます🙇‍♂️。