布良エリアへ!

和田エリアは、
だいぶ復旧しつつあり。
みなさんからいただいた支援物資を積み込み、
まだ復旧途中、
被害の激しい布良エリアへ。
途中、
炊き出しボランティアを頑張る
アサオスタイルさんに
テントの貸し出し。
現場に到着、
ピンポイントで、
富崎集会所、本郷集会所へ物資搬入。
喜んでもらえました。
ブルーシート、土嚢袋、食料品、
和田フェスで余ったTシャツ50枚ほど。
これから本題。
和田はクローズアウトコンディション。
一応ボード積み込みました。
不謹慎だ!
のご批判覚悟です。
パラパラと海にサーファーも浮いていました。
ナンパラあたり。
あのエリアのダメージ見ると、
とてもサーフィンする気になれず、
直帰しました。
サーフィンは心の向くままに!
それで良いのだと思います。
感情にまかせて、
批判、非難しても仕方ないです。
各自の判断で行動すること以外ないですから。
東日本大震災の時もそうでした。
サーフィン自粛期間が一か月以上ありました。
と、
サーフィンインダストリーにも
大きな影響がでます。
このあたりはなかなか難しい問題です。
やればやったで叩かれる。
やらなきゃサーフィン業界に支障きたす。
最後は、
やはり各自の判断に任せるしかないのかも。
各自の心の向くままに。
個人的意見ですが、
和田エリアは電気も水道も復旧、
日常が戻りつつあります。
コンビニも飲食店も通常営業しています。
海に来てもいいんじゃないかと、、、
けど、
被災者の乗る波邪魔したらしばくよ!
あはは。
今日は激しい雨、
二次災害が起こりませんよう。
各エリアの一日も早い復旧祈ります!

 

カテゴリー: surf

想いを繋ぐ

あの東日本大震災、
支援で福島、いわき市を訪れた際に、
目にしたペイント。

多分、ローカルサーファーの描いたものだと思う。
ずっと心に残っている。
今日は、
その地で伝統のサーフコンテスト、
塩屋埼カップが開催される。
震災の影響で長らく休止状態だったのが、
昨年、震災以来8年ぶりに復活。
たくさんのローカルサーファー達の笑顔に会えた。
波も素晴らしく、
あぁ、あのペイントに偽りはなかったんだな!
そんなことを思った次第。
今日開催のコンテストにも、
もちろん招待されていて、
みんなとの再会を楽しみにしていたのだが、
台風15号の影響で私達が被災、
行くことができなくなってしまいました。
ドタキャンお詫びします。
私達もしっかり立ち直っていきます。
来年また参加させてください!
あの時の、あの想い、
しっかりここに繋ぎ止めます!

支援いただいた友人各位に
再度御礼申し上げます。

カテゴリー: surf